Skip to navigation
Product development engineer looking at CAD

製品開発

数多くの業界リーダーが投資している積層造形

  • Amazon
  • Disney
  • Microsoft
  • Sonos
  • Google

3D プリントによるラピッド プロトタイピング

製品開発とは、提供されたツールを使用して困難な課題を解決することです。スケジュールが強引なうえに予算の見通しが甘い場合、製品をどうにか形にするために、手抜きが増え、リスクを負わなくなり、設計意図が大きく損なわれます。3D プリントを使用すると、機能的なパーツをオンデマンドで製造できるため、より優れた製品をより迅速に開発できます。ラピッド プロトタイピングを使用して設計を繰り返し改良する場合でも、ブリッジ工具製作を使用して生産を迅速に立ち上げる場合でも、3D プリントは、優れた製品の迅速な開発に役立ちます。

反復の迅速化


必要に応じて製造できるため、反復サイクルを短縮できます。長い待ち時間の短縮、ラピッド プロトタイピング サービスへの依存の削減、社内製造の負担軽減が可能です。機能的なパーツを数時間で作成し、素早くテストを行い、設計に合わせて迅速に反復できます。これまで以上に高い信頼性で、より短期間に設計が完成します。

構築のスマート化


工具や保持具を 3D プリントして、生産ラインをこれまでよりも短期間で構築し稼働できます。すぐに使用できる自動化されたワークフローに工具製作を移行することで、熟練した作業員を収益につながるパーツの製作に割り当てることができます。高度に最適化された幾何学的に複雑な工具や保持具を設計およびプリントして、製造プロセスをより効率化できます。

製造の限界の拡大


他の方法では製造できなかったパーツを 3D プリントできます。独特のニーズを求める顧客に満足してもらえる最終用途パーツを製造できます。1 回限りの生産や少量生産にも、Markforged 3D プリンターが提供する幾何学的な複雑さと高い強度を取り入れることができます。

ラピッド プロトタイピングでの The Digital Forge の使用事例

Brooks は、高い精度を必要とする壊れやすい製品を専門としています。連続カーボン ファイバーを 3D プリントする技術を導入することで、Brooks は、ほぼ 2 倍の速度でプロトタイプを作成できる新しいラピッド プロトタイピング体制を約半分のコストで実現しました。Brooks や 100 社を超える他の業界リーダーが、Markforged プラットフォームで、どのようにして非常に優れた成果を実現しているかをご覧ください。

3D printed fixture
「プロトタイプ パーツを会議に持ち込み、完成したパーツの具体的なイメージを示すことができます。」
– Brooks Automation、機械エンジニア、Jeff Cavins 氏

Centor による機能的ラピッド プロトタイピング

Centor は、商業用途と住宅用途のカスタム ドアを製造しています。製品の生産を開始する前に、社内の機械工が作成した少量のコンポーネントを使用して、各ドアの概念実証プロトタイプを作成する必要がありました。この製品プロトタイピング プロセスは、コストと時間がかかり、品質に一貫性がありませんでした。


ワークフローに 3D プリントを組み込むことで、Centor は、93% の期間短縮と 99% のコスト削減を実現する、効率的なラピッド プロトタイピング プロセスを構築できました。現在、3D プリンターは、ほぼ 24 時間 365 日稼働しており、Centor の製品開発プロセスは大幅に強化されています。また、リソースを大規模な生産に割り当てることができ、設計の反復に重点を置きながら、ラピッド プロトタイピングを円滑に実行できます。


Markforged 3D プリンターに投資する理由

  • 連続繊維強化材と金属を使用した 3D プリントにより、多種多様な機能的パーツを製造できる
  • さまざまな形状のパーツをクラス最高の精度で製造できるため、プロトタイプや工具が、初回作成時もそれ以降の作成時も毎回正常に機能することが保証される
  • Markforged のソフトウェア プラットフォームである Eiger を利用して、デジタル インベントリ内のパーツをバージョン管理できる

高価値の製品開発用途

  • 機能的なプロトタイプ
  • カスタムの最終用途パーツ
  • プロトタイプ、初回製造パーツ、および生産工具
  • 保持具

注目のコンテンツ