Skip to navigation

政府機関および防衛

世界をリードする数多くの組織に採用されている積層造形

  • Lockheed martin k
  • Us air force k
  • General atomics k
  • Raytheon technologies k
  • Northrop grumman k

時間や場所を問わず、高強度のパーツを造形

Markforged は NCMS のメンバーであり、政府機関が必要なときに必要な場所で、頑丈かつ正確なパーツを製造できるように 3D プリンターを構築しています。The Digital Forge は、どこからでも使用できるように構築された唯一のオンデマンド パーツ プラットフォームです。熟練したオペレーターを必要とせず、どこからでも 3D プリンターの安全な分散ネットワークを管理できます。研究開発の推進に役立つとともに、現在 3D プリントで利用できる最先端の複合材料や金属を使用してパーツを製造できます。

米国空軍第 27 特殊作戦支援飛行大隊反撃部隊チームのメンバーは、必要に応じて機敏に製造する能力を導入するために Markforged X7 に投資しました。

技術的優位性の活用


これまでにないレベルの設計自由度を備えた、高性能の複合材料や合金の包括的なライブラリを使用して、技術的な利点を発展させることができます。今後数十年にわたって世界の舞台でリーダーシップを発揮するのに役立つ、まったく新しいシステムを設計できます。


安全な製造プラットフォーム


Markforged は、これまでで最も安全な積層造形プラットフォームの提供に取り組んでいます。当社は、ISO 27001 認証を取得した唯一の 3D プリント OEM であり、オフライン、オンライン、または安全なイントラネットで作業できるプラットフォームを提供しています。Markforged なら、組織を危険にさらすことなくデジタル製造を導入できます。


すぐに導入可能


現場に分散型製造を導入することにより、サプライ チェーンを競争上の優位性に変えることができます。プラットフォームがシンプルで誰でも操作でき、民間請負業者によるメンテナンスが不要です。必要に応じて直接プリントできる MRO パーツを使用して、海外展開事業を支援できます。


AFCEA International による SIGNAL Executive Video Series の 1 つとして収録された、当社 CTO である David Benhaim へのインタビューをご覧ください

次のステップに進む

多くのお客様が会計年度末の予算要求 (RFJR - 要件正当化資金要求) を作成するために使用しているドキュメントについては、専門家にご相談ください。このホワイトペーパーには、推奨される部品表や市場調査など、購入要求を開始するのに必要な詳しい情報が数多く記載されています。

米軍がどのように Markforged 3D プリンターを活用して、サプライ チェーンのリスクを克服したかをご覧ください。

Markforged 3D プリンターに投資する理由

  • 堅牢な 3D プリンターであり、さまざまな悪環境で使用できる
  • クラス最高のセキュリティを備えており、パーツが安全に保たれる
  • 最先端の複合材料や金属合金を利用できる

高価値の政府機関向け用途

  • 交換用パーツ
  • プロトタイプ
  • カスタム工具

注目のコンテンツ