Skip to navigation

2つの標準規格に注目: アディティブ製造におけるISO/IEC 27001とISO 9001

Markforgedは、情報セキュリティとデータ管理に関するISO/IEC 27001認証を取得した初のアディティブ製造プラットフォームです。最近では、品質管理に関するISO 9001認証を取得しました。


国際標準規格(ISOまたはIECの認証は、プロバイダーが一貫性と信頼性をもって特定の技術的または組織的ベンチマークを満たす能力を有していることを示す最も権威ある栄誉です。


弊社が取得した認証により、The Digital Forge製造プラットフォームが常に輝かしい成果を生み出し、データ管理と情報セキュリティに関して広く認められたベストプラクティスを通じてお客様のデータが保護されていると明確な良心を持って、お客様にご安心いただけます。


多くの組織が機密性の高い独自の情報をクラウドに保持しており、多くの3Dプリントパーツが重要なシステムの駆動や宇宙へのペイロード運搬を託されています。こうした中、お客様は、コストのかかるデータ侵害によって数百万ドル単位の費用がかかったり、重要なパーツの故障や品質損失が生産ラインに打撃を与えたりするかもしれないと知りつつ、安心して眠ることはできるでしょうか。弊社は、こういったお客様に安心感をもたらします。


この記事では、ISO/IEC 27001とISO 9001の概要、そしてこの2つの標準規格がアディティブ製造の成長と成功およびアディティブ製造を利用するユーザーにとって不可欠である理由をご紹介します。

現在のアディティブ製造: 注目を集めるデジタル3Dプリントパーツへの移行

デジタル駆動のアディティブ製造がより広範なパーツ製造の実現可能な選択肢となった今、3Dプリントは製造においてこれまで以上に大きな役割を担っています。アディティブ製造の進化により、産業用3Dプリントは2つの明確な方向に向かって前進を続けてきました。


1.)


毎年、新しいマテリアルや新しい製造技術が登場し、既存のプロセス/マテリアルに対しても継続的な改善が行われていますが、メーカーは現在、より多くのパーツを製造するためだけでなく、より価値の高いアプリケーションやより多くの量産パーツ製造を実現するために3Dプリントを活用しています。3Dプリントは現在、宇宙で重要なペイロードを保持する衛星本体や、270 mph以上のスピードを出すジェットレーシングカー用の最終用途ステアリングホイールといったパーツの製造に使用されています。


航空宇宙業界など、多くの高価値アプリケーションは、厳格な規制要件の対象となります。価値を得るために、メーカーは、一貫性と信頼性をもってニーズを満たす製品やサービスの提供を保証する必要があります。そのため、お客様とパートナーは、アディティブ製造ベンダーを評価する際、一貫性と信頼性のある製品品質が有意義に保証されていることをまず第一に検討する必要があります。こうした規制の厳しい業界にとって、これらの標準規格を満たすベンダーが見つからない場合、アプリケーションの品質保証時に複雑な障害や致命的な故障が発生する可能性があります。


2.)


現在、製造プロセスでもデジタルエコシステムにさらに本腰を入れるようになりました。企業はクラウドに接続して数千もの独自のパーツをデジタルインベントリとして保存し、世界中に分散された3Dプリンターの大規模なネットワークに接続できるため、効率的なサプライチェーンが実現しています。また、クラウドベースの3Dプリントソフトウェアの機能により、アディティブ製造ユーザーは、中核工場システム向けのAIを駆使したパーツ検査、製造前パフォーマンスシミュレーション、スライサー統合などのスマートな製造ツールを用いてワークフローを次のレベルへと押し上げ、時間、労力、コストを削減できるようになります。


データ侵害が発生すると、有害な結果が引き起こされます。2022年の現時点で、個々のデータ侵害により組織が被った平均コストは435万ドルです。知的財産の盗難や、機密性の高い顧客データの漏えいが発生する可能性があるため、金銭的損害の域を超えて影響が連鎖的に広がります。風評被害が発生することも多いです。

標準規格について: ISO/IEC 27001、ISO 9001

ISO/IEC 27001は、組織が情報セキュリティを管理する方法についての国際標準規格です。この標準規格の目的は、情報が1)機密であり、許可されたユーザーのみがアクセス可能で、2)妥協のない完全性を有し、許可されたユーザーのみが変更を行うことが可能で、3)必要なときに許可されたユーザーにすぐに提供可能であることを保証することです。


ISO/IEC 27001認証は、認証を取得した組織が、プラットフォーム上に保存されている機密情報を確実に保護するために必要な知識、手順、インフラストラクチャを社内で整備していることを意味します。


組織は、ISO/IEC 27001認証を取得するために、情報セキュリティ管理システム(ISMS)を構築する必要があります。ISMSは、ポリシー、手順、関連文書の明文化によって企業が確立する必要のある一連のルールです。ISMSでは、ステークホルダーの明確化、リスクの特定、管理策の定義と実装、情報セキュリティの目的の設定、管理パフォーマンスの測定、システムに対してこの先行われる継続的な改善の提示が必要です。


Markforgedは、ISO/IEC 27001認証を取得した初のアディティブ製造プラットフォームプロバイダーです。


ISO 9001は、世界で最も引用されている品質管理の標準規格です。この標準規格の目的は、品質管理システム(QMS)として知られる組織のフレームワークを構築することです。品質管理システムは、認証を取得した組織が、製品とサービスの提供において常にお客様のニーズを満たし、


最も厳格な要件に直面したときに高い品質基準を維持できることを保証します。


ISO 9001認証は、認証を受けた組織が、常に高いベンチマークを満たしてお客様を満足させ、適用可能なすべての法的要件、規制、お客様のニーズにしかるべく従い、信頼性をもって製品やサービスを提供できることを示す客観的証拠をお客様、潜在的なお客様、パートナーに提供します。


Markforgedは、ISO 9001認証も取得しています。


これらの標準規格に関する詳細は、ISO 9001ISO/IEC 27001でご覧いただけます。

All of the blogs and the information contained within those blogs are copyright by Markforged, Inc. and may not be copied, modified, or adopted in any way without our written permission. Our blogs may contain our service marks or trademarks, as well as of those our affiliates. Your use of our blogs does not constitute any right or license for you to use our service marks or trademarks without our prior permission. Markforged Information provided in our blogs should not be considered professional advice. We are under no obligation to update or revise blogs based on new information, subsequent events, or otherwise.

Never miss an article

Subscribe to get new Markforged content in your inbox

送信